看護師ならではの福利厚生や待遇

看護師の働く現場は忙しさに追われることが多く、責任も伴う仕事が大半を占めている点で厳しい環境になっていると言える。
その環境で、患者や高齢者のために最善の看護を行おうという高い気概を持って働き続けてくれる看護師を増やすため、現場が努力を続けてきている。

その影響で、看護師の待遇や福利厚生については特徴的な面がある。
他の業種では必ずしも典型的とは言えないような待遇や福利厚生を与えるのが標準的になっていたり、やや特殊な待遇にすることによってメリットを生み出したりしている求人が増えている。

看護師が悩みとして抱えやすいのは忙しさであり、時間的な自由を失ってしまうケースは少なくない。
週休二日制で土日を休みにするという待遇は一般企業では普通ではあるものの、看護師の場合はかなり高待遇になっている。
四週八休でもかなり良い待遇と捉えられ、四週七休以下というケースもよくあるのが現状だ。
夜勤が多い現場が多いため日勤のみとする、夜勤の頻度を減らすといった待遇の募集や、残業なしと明言している求人が多いのも特徴的と言えるだろう。

一方、特殊な待遇として夜勤のみの求人もある。
夜勤をするのは生活リズムが崩れる影響があって一般的には嫌われるが、それだけを行うことによって独自のリズムを作って働けるという人も少なくない。
夜勤のみで働くと夜勤手当が支給される、あるいは時給が高めに設定されていることで稼ぎやすくなるというメリットがあるため、積極的に夜勤専従で働いている看護師もいる。

なお、ここで述べた勤務に関する面以外にも、特徴的な待遇や福利厚生は存在している。
そういった看護師ならではの待遇や福利厚生をしっかりと把握することで、働き方はずいぶんと変わってくるだろう。